ドロドロ血液とはもうおさらば!

玉ねぎの血液サラサラ効果について

血液サラサラ食材として有名なタマネギ。
包丁で玉ねぎを切っていると涙がでますよね?
あの刺激成分が「硫化アリル」というもので血液の凝固を抑制し、血液をサラサラにしてくれる働きを持っているのです。
血栓や動脈硬化の予防になるとも言われている玉ねぎ。

より効率よく血液をサラサラにするために以下のことに気をつけましょう。

・カットしてから15分ほど置く
・水にはさらさず、そのままで食べる
・毎日玉ねぎ1/4個程度を食べるようにする。

玉ねぎは生で食べる場合も加熱して食べる場合も切った後に一定時間以上(15分程)空気にさらすことで栄養成分が安定するため、より効果が高まると言われています。

また、玉ねぎは辛みがあるので水にさらす人も多いですが、水につけてしまうとせっかくの「硫化アリル」が流れでてしまいます。
血液をサラサラにしたいのであれば、そのままの状態で食べるのがオススメです。

より高い効果を目指すなら『酢玉ねぎ』がオススメ!

より効果的に食べるのであれば『酢玉ねぎ』もおすすめです。
酢玉ねぎはすい臓を攻撃する活性酸素を除去して血糖値を下げ、糖尿病を撃退するとも言われています。

『酢玉ねぎ』はテレビなどでも紹介されているため
検索をかければレシピは沢山でてきます。参考にしてみてくださいね。

ネギ類が苦手な人には『サプリメント』がオススメ!

そして健康は気になるけど毎日調理は面倒臭いというそこのアナタ。
最近では玉ねぎの成分を活かした便利なサプリメントが存在します。
価格も高くないのでオススメです。

サプリメントの場合、玉ねぎの成分をギュッと凝縮している為、成分量も多いです。
ネギ類の味が苦手という人には特におすすめです。
また、玉ねぎは皮にも栄養が非常にあります。
サプリメントの場合、皮の栄養素も一緒に凝縮されているのでとても効率的。

サプリが気になる方はこちらから詳細を確認して下さいね。

→『タマネギの力』

同じようなサプリのしじみ習慣は良いサプリ?悪いサプリ?
こちらも合わせて参考にしてください。